この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

水没する場所にもよりけり…

水没したらすぐ

水没直後は必ず電源をオフ/電源が入っている場合、中の基盤がショートする可能性もあります。
電源を切るか、電池パックを抜きましょう。
動かないからと電源を入れたり切ったりするのは、危ないのでやめましょう。
SIMカード、SDカードを抜く/万が一に備えで、データ類はすぐに回収し、十分に水分を拭き取ります。
使っているスマホがダメになっても、データが無事であれば機種変更するだけで無事にすむ可能性があります。
開けられる箇所は全てあけ、隅々まで拭き取る/カバー類を外して、イヤホンの端子や充電器を差し込む所など、ありとあらゆる穴をよく拭き取ります。
これをしないで、充電すると感電する危険がありますので、必ず行ってください。
その後乾燥させます。

プラスαと注意点

プラスα/洗濯や海水、ジュースや泥水などで水没した場合は、カバー類を外したあとに一度水道水で洗います。
基本的には必要のない作業ですが、泥や塩などを洗い流す事で、復活する確率が上がるからです。
拭き取る際は、乾いた柔らかい布やキッチンペーパーを使い優しく拭きます。
ティッシュは水分に弱いので、本体にこびりつく可能性もあります。
また端末に傷が付く可能性もあるので優しく、乾いた部分で拭きましょう。
汗などでも水没する為、自覚がないうちに水没してる場合もあります。
その場合は、各スマホについている水没マークを確認してください。
基本的には電池パックを入れる所、SIMカードを入れる所に付いてます。
判断に困る時はこちらをチェックして、ピンク色になっていたら、対処法を活用してみましょう。